アニバーサリーライブ

2018.8.12(Sun)

15周年のアニバーサリーライブだというのに雨空のあいにくの天気。

彼ららしいともいえるし、彼らの現状を表してるともいえ、物悲しい。

前回のツアー後から色々ありすぎて、不安・悲しみ・怒りが入り混じった感情を抱き続けることに疲れていた。正直担降りしてしまうことも何度も考えた。担当のことももちろんショックだったが、それ以上に彼のシンメをこれ以上信頼できないと思ってしまった。嫌いになる前に降りてしまえば、綺麗な思い出で終われるかもしれない。ただ、もう一度だけ会いたかった、会って確かめたかった。

 


リアルの彼らには興味ない。だけど、アイドルの彼らを壊すのは例えリアルの彼らであっても許せなかった。せっかく今まで作り上げたものをなぜ自身の手で壊すのか悲しくて仕方ない。何度泣いて謝るのか、そんな姿はもうみたくない。アイドルとしてのパフォーマンスで圧倒してほしい、降りるなんて馬鹿な考えだって思わせてほしい。

もう一度死んで生き返る展開はいらない。

 


担当を増やすタイプの私が初めて担降りするそんな日がどうか、どうか来ませんように。どうか、この人が私の担当だと胸を張って言える日が戻りますように。この苦しい気持ちがなくなりますように。

 


そんな複雑な思いを抱えて迎えた運命の日。

席はまさかのアリーナだった。有終の美なのか、出戻りの手助けか。どちらに転ぶのか、不安な気持ちを胸に開始の時を待つ。

 


始まってからはあっという間だった。私の懸念はただの杞憂だったように、彼らはアイドルとして私を圧倒し続けた。彼らは最高のアイドルで居続けたのだ。アイドルの彼らはリアルの彼らに壊されるほどヤワじゃなかった。彼らは私が思うよりずっとずっと強くなってたのだ。

 


「拝啓、15年前の僕へ。今、幸せだよ。」

黄色の彼の言葉に私は救われた。

担当も含め、他のメンバーで彼の足を引っ張るマネをしたことを謝りたかった。何様だと自分でも思うけれど彼に土下座をして謝罪したかった。大切なメンバーに迷惑をかけた担当を許せなかった。そしてなによりもそんな迷惑をかけた担当を嫌いになれない自分が許せなかった。だけど、彼は「幸せだ」と言った。その一言で、担当を許せないことも、そんな許せない担当を好きでいる自分も全て許された気がした。

 


また、何より今回の担当は全力だった。いつも全力だが、いつもを100%とすると200%だった。そんな担当のことを嫌いになれるわけがなかった。

 


やってしまったことはもう取り返すことはできないが世間から何を言われても一緒にいよう、いつでも味方でいよう。

そんな決意をしたアニバーサリーライブだった。

 


結果何が言いたいかというと、

NEWS15周年おめでとう

担降りしようとしたらガチ恋したよ♡ブログでした。

4人がみれない

4人が見れない

 


6人は見れるの。

何回も何回も見て、この頃から最強だったなって。

 


5人も見れるの。

何回も何回も見て、この頃のMCボケ倒しだったなって。

 


4人がなぜか見れないの。

見ようと思って再生ボタンを押してもすぐに止めてしまう。

 


赤の彼のことしょうがなかったって諦められた。最後の方居心地が悪そうだし、やる気なさそうだし思わず仲が悪いんじゃないかってグループが嫌いなんじゃないかって感じてしまうほど。

 

未だに彼に会いにいくこともないし、これからも無いと思う。どんなにすごいって聞いても行けないし行かない。こんなことを言うと「もう許しなよ」って「メンバーもそんなこと望んでないよ」って言われるかもしれない。でも無理なの。私が許せないのは抜けたことに対してじゃないから。最後の態度の悪さ。どうしてもあの時の彼が頭をよぎって、こびりついてる。むしろよくみんな許せるなって思うほどに。

 

グループで活動してくれたことは本当に感謝してる。赤の君がいなくちゃきっとこんなに強いグループとして印象付かなかった。ギラギラしてチェーンが似合って。そんなグループイメージの一端を担ってくれたこと本当にありがとう。これからは好きな道を歩んでいってほしい。

 

そうやって赤の彼とはケリをつけたの。

 


オレンジの彼のことは何回も何回も馬鹿馬鹿って罵ってなんであんなに好きって言ってくれたじゃないかって。嫌い嫌い嫌い、どうして好きなはずのメンバーに迷惑をかけるのかって恨んだ。

 

でも恨んだ理由はそれだけじゃなかった。許せなかったの、パブリックイメージを地でいく彼が。だってあんなに大好きって屈託のない笑顔で言って、面倒見がよくて本当はすごく優しい君を私は知ってるの。それを知らずにイメージだけで叩かれてしまうから。叩かれることはもうやめてよって恨んだの。私が大好きな君が叩かれる理由をつくることを許せなかった。

 

でも違ったね。叩かれたってなんだって好きなことをするのが君だったね。いつの間にか叩かれるのが怖くなった臆病者は私だった。堂々としていいんだって君は、君たちはちゃんと教えてくれたはずなのに。君はグループの芯の強さを作ってくれる一端を担ってたね。ありがとう、本当にありがとう。でも薬物はやめてね。

 

そうやってオレンジの彼とはケリをつけたの。

 


じゃあ、黄色の彼は?

 

 

みっともなく泣いて縋っても笑顔で去っていった。何にも理由も言わずに去っていった。3人が活動停止してるときにしれっと活動始めて。なんで、どうしてってそれでも恨めなくて。彼の活動に嬉しがる私がいて。

 

恨みたかった、憎みたかった。「どこいくんだよ、馬鹿」って言ったって君は笑うばっかりで。全部全部受け止めてしまうから。恨みも憎しみも全部全部引き受けて悪役になって。私は君が大好きだったんだよ。だから憎めなかった。君が全部受け入れてしまうから。受け入れないで欲しかったそしたらもっと楽に嫌いになれたのに。

 

でもね、これに気づけたのは最近なの。辞める理由を明確にすると、きっと君を恨むことができなかったと思う。物分かりのいいフリして「わかったよ」って「応援するね」っていいファンのつもりで全てを押し殺してたと思う。きっと君はそんなファンのとこわかってたんだね。だから恨みも憎しみも全部1人で背負うことに決めたんたんだね。

 

ねぇ、それに気づいてしまったらもっと恨めなくなってしまうじゃない。違うグループのことで君に飛び火しそうになったら庇ってしまうじゃない。

 


私はどうやってオレンジの彼とケリをつけたらいいの

 


まだ私は4人を見ることができない。

アイドルと結婚とファンは難しい

私は彼のファンじゃないし、彼のいるグループのファンでもありません。


だから今回のとこについて何も言いません。

彼のことを知らないからこれが最善策だったのかなんて私には知る由もないし


ただ、自担だったらどうだったんだろうって考えたら一日中なにも手につかなくて。

(意味のないことを考えるジャニオタあるある)


私の担当はファンのとこ傷つけることを

きっとしないっていう自信があります。

ファンのとこを考えてくれる人だから

ファンの傷がちょっとでも軽くなるような

選択肢をえらでくれるんじゃないのかな。

とか思ったり。

でもその信頼は重いのかもしれない。


世界一幸せになれるそんな日くらい

自分本位でいいのかもしれない


でもお願いだからしないでほしいと願ってしまう祈ってしまう

私の私たちの信頼を裏切らないそんな担当が

私は大好きだ

一方的かもしれないけれど信頼関係があると

(勝手に)思ってる

だからいつまでも見ていたいと応援したいと思う


その勝手な信頼関係を裏切られたら私は

彼を変わらず応援できるのかな


今私は彼が私たちの期待に応えてくれる絶対的な信頼をもっている

私たちファンのことを想ってくれる愛してくれるという絶対的な信用がある


全員の期待に希望に応えるのはむずかしいかもしれない

だけど彼ならきっと最善策を見つけてくれるって


そんな重い心が彼を潰しやしないか


いまやジャニーズも結婚する時代

明日は我が身


私だって私たファンをこんなに幸せにしてくれる本人が一番幸せになってほしいと思ってる


アイドルの結婚発表の最善策はないかもしれない


でも彼に見つけてほしいと祈ってる

重い愛かもしれない、潰れて欲しくないからこんな重いものを背負わせたくない

でも裏切らないでほしいどうか

愛されてないって思わせないでほしい


オタクは強欲だ

しげくんにさよならする話ー融和編ー

そして2016年。シゲくんの処女作『ピンクとグレー』の映画化、『傘を持たない蟻たちは』のドラマ化が決定した。


本は自分で手に取らなければ目に入ってこないが、映画・ドラマとなるとそうはいかない。

ならば、メディアのフィルターがかかった情報を入れる前に自分で情報を手に入れよう。

そう思い立ち、本を出版しても手に取らないぞという誓いは呆気なくやぶれる。

(オタクとはそういうものである)


ドラマ化、映画化のために再編成された物語ではなくシゲくんが綴った物語を読むために本を購入し、1日とかからず読み終えることができた。


私の知ってるしげくんの文章だった。序盤から読者を引き込んで話さず、飽きさせない。ページを次へ次へめくる手がとまらない。


私の知ってるしげくんは死んだと思っていた。だけど違ったんだ、しげくんでもシゲくんでも加藤成亮でも加藤シゲアキでも同じ人間だったんだ。

そんな簡単なことをなぜ忘れていたのだろうか。その時、私の中のしげくんとシゲくんが融和したのを感じた。


そして今日も私はシゲくんの文に恋をするのだ。

しげくんにさよならする話ー再始動編ー

しげくんの文章が好きだった私は絶対に『ピンクとグレー』を購入しようと思った。

けれど、本屋さんに行き、手に取った時不安がよぎった。

シゲくんは私の知ってるしげくんじゃなかったら?

面白くないと感じてしまったら?


結局私は何も購入せずに本屋さんをでました。

不安に勝てなかった。


そして、半年後NEWSの再始動が発表された。


縁あって再始動一回目の美恋コンに行けることになった。

久しぶりにみたしげくんはシゲくんになっていた。昔見た2人を輝かせていたしげくんではなく自分を輝かせているシゲくんだった。

かっこよかった。

私はこの時恋におちた。美恋コンだけに。

(ぜんぜんうまくない)


だけど、私の知ってるしげくんはもういないような気がした。今後何冊本をだしても買うのはやめようとそっと胸に誓った。


4人のNEWSになって私の知ってるしげくんは死んだんだ。新しいシゲくんが生まれたんだ。だったら私は新しいシゲくんを愛そうと思った。


つづく

王子様が復活する話

ぶっちゃけこのタイミングでかぁ
早すぎない?!!
って思ったよ

私3月末に
いつか笑顔で今までありがとう。お疲れ様。
って言いたいって言ったけどまだ言えないよ?!!

10ks!DVDうぇぇぇい!

SMAP解散ぎぃゃゃゃゃ!!!

ってなってるところにワザと打ち込んできたな?!!

私はハイフンだけど6人も5人も4人も3人も
まるっと愛してるけどそれはKAT-TUNだから
なので多分応援はしないと思う。

まぁ遠くの電柱の陰から見守ってますよ。

このタイミングなんてありえないっおこっなファンも
応援しないなんてありえないなファンも
荒れに荒れてるのでKAT-TUNに集まってもらってあの合言葉を言ってもらわないとだめですね!

それではみなさんご一緒に!

喧嘩はやめてーーーっ!!
ドドッドゥン
(言いたかっただけ)

あっ田口くん!
復活するのはいいですけど、うまく使う自信がないならSNSはやめようね!
あとエゴサもやめときなよ!

それから、
しっかり自分の選んだ道を胸を張って歩いて行ってください
がっかりさせないでね!
おっ田口くん頑張ってるなって思わせてね。