読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しげくんにさよならする話ー融和編ー

そして2016年。シゲくんの処女作『ピンクとグレー』の映画化、『傘を持たない蟻たちは』のドラマ化が決定した。


本は自分で手に取らなければ目に入ってこないが、映画・ドラマとなるとそうはいかない。

ならば、メディアのフィルターがかかった情報を入れる前に自分で情報を手に入れよう。

そう思い立ち、本を出版しても手に取らないぞという誓いは呆気なくやぶれる。

(オタクとはそういうものである)


ドラマ化、映画化のために再編成された物語ではなくシゲくんが綴った物語を読むために本を購入し、1日とかからず読み終えることができた。


私の知ってるしげくんの文章だった。序盤から読者を引き込んで話さず、飽きさせない。ページを次へ次へめくる手がとまらない。


私の知ってるしげくんは死んだと思っていた。だけど違ったんだ、しげくんでもシゲくんでも加藤成亮でも加藤シゲアキでも同じ人間だったんだ。

そんな簡単なことをなぜ忘れていたのだろうか。その時、私の中のしげくんとシゲくんが融和したのを感じた。


そして今日も私はシゲくんの文に恋をするのだ。

しげくんにさよならする話ー再始動編ー

しげくんの文章が好きだった私は絶対に『ピンクとグレー』を購入しようと思った。

けれど、本屋さんに行き、手に取った時不安がよぎった。

シゲくんは私の知ってるしげくんじゃなかったら?

面白くないと感じてしまったら?


結局私は何も購入せずに本屋さんをでました。

不安に勝てなかった。


そして、半年後NEWSの再始動が発表された。


縁あって再始動一回目の美恋コンに行けることになった。

久しぶりにみたしげくんはシゲくんになっていた。昔見た2人を輝かせていたしげくんではなく自分を輝かせているシゲくんだった。

かっこよかった。

私はこの時恋におちた。美恋コンだけに。

(ぜんぜんうまくない)


だけど、私の知ってるしげくんはもういないような気がした。今後何冊本をだしても買うのはやめようとそっと胸に誓った。


4人のNEWSになって私の知ってるしげくんは死んだんだ。新しいシゲくんが生まれたんだ。だったら私は新しいシゲくんを愛そうと思った。


つづく

25年たった話

25周年おめでとう。


今までもこれからもずっと大好きです。、

王子様が復活する話

ぶっちゃけこのタイミングでかぁ
早すぎない?!!
って思ったよ

私3月末に
いつか笑顔で今までありがとう。お疲れ様。
って言いたいって言ったけどまだ言えないよ?!!

10ks!DVDうぇぇぇい!

SMAP解散ぎぃゃゃゃゃ!!!

ってなってるところにワザと打ち込んできたな?!!

私はハイフンだけど6人も5人も4人も3人も
まるっと愛してるけどそれはKAT-TUNだから
なので多分応援はしないと思う。

まぁ遠くの電柱の陰から見守ってますよ。

このタイミングなんてありえないっおこっなファンも
応援しないなんてありえないなファンも
荒れに荒れてるのでKAT-TUNに集まってもらってあの合言葉を言ってもらわないとだめですね!

それではみなさんご一緒に!

喧嘩はやめてーーーっ!!
ドドッドゥン
(言いたかっただけ)

あっ田口くん!
復活するのはいいですけど、うまく使う自信がないならSNSはやめようね!
あとエゴサもやめときなよ!

それから、
しっかり自分の選んだ道を胸を張って歩いて行ってください
がっかりさせないでね!
おっ田口くん頑張ってるなって思わせてね。

ハイフン兼SMAPファンとしての話

色んなことを経験したKAT-TUNだけど、

解散は未経験。

だから共感することは難しいのかもしれない。


だけど、アイドルの終わりなら知ってるよ。

何も言わず涙を流さず表舞台を去った田口くん。

彼は夢を夢のままに終わらせてくれた。

事務所の陰謀論、不仲説も出ながらの解散発表をしたSMAP

夢から現実に引き戻してくれたSMAP

比べるのはおかしいんだと思う。
だってKAT-TUNは残ってる。
SMAPはなくなっちゃう。

だけど、もし叶うのであれば
夢を夢のままに終わらせてほしいよ、SMAPにも。

もしかしたらこれがtrue endなのかもしれない。

だけど!私が!私たちが!欲しいのは!
true endじゃない!
私たちが!欲しいのは!
happy endなんだよ!

アイドルは偶像なんだよ?だったら夢のまま現実を見せないで。

わかってる。アイドルだって人間だって。
わかってるよ。
でも私たちはアイドルを求めてるんだよ。
人間に戻って終わるのではなくて、アイドルのまま終わってほしい。

だってそうじゃなきゃ。
後輩グループだってそうなる可能性があるんだよ?
自担のグループは大丈夫?なんでそんなことわかるの?
自担のグループは好かれてる?
でも、嫌われない保証はないでしょ?

一度こんな終わりを許してしまったらまた起こるかもしれない。
例えば次は自担のグループで。

せめて、美しい終わりを迎えてほしいの。

だってKAT-TUNはお世話になった。他のグループだってそうでしょ?
いつもトップを走って行ってくれた。
だから私たちは彼らが切り開いた道を向かい風が和らいだ状態で歩めたでしょ?
そんなグループがこんなおわりかたでいいの?

確かに他グループへ事務所は優しかったかもしれない。
だけど、SMAPはいつだって他グループの輪に入れなかった。

入れてもらえなかった。

だってKAT-TUNはファンへ第一に報告してくれたじゃない。どんな時も。

なんで?同じ事務所なのにこんなに報告の仕方が違うの?

SMAPがファンのことを考えてくれない?
SMAPSMAPのことを嫌いになった?
そんなことないよ。知ってるよ。
ハイフンからみたSMAPはいつだってファンのことを考えてくれてた!!
ハイフンからみたSMAPはいつもSMAPを大好きでそれが羨ましくて仕方なかった!!

SMAPが大きくなりすぎた?
そうかもしれない。
SMAPが重くなった?
そうかもしれない。

でもそんなことで投げ出すような人たちじゃないって私は知ってしまっているんだ。

確かに私は前の記事では疲れたよね、休んでいいよって言ったよ。
でも彼らはそんなに弱い人たちだった?
違うよね。だからこうして願ってしまうし、願う人が後を絶たないんだ。

輪に入れないSMAPはある意味特別扱いに見えたかもしれない。

私だってそう思った。

SMAPは特別だって。
だったら最後まで特別扱いしてよ!
せめてどうしても終わってしまうのなら、
他グループが羨むような美しい終焉を。

 

憧れのSMAPでいてほしい。終わらないでほしい。
でも、どうしても終わるというのなら最高のこれ以上ないくらい最善のhappy endを。

 

他グループのファンとしてのお願いでもあるんです。

他グループの希望で夢でいてほしい。

私のできることの話

解散発表から1日。色々考えました。
解散嫌です。
寂しいです。
 
でも今まで全てを犠牲にして、私たちに光をくれた。
今まで私たちファンのことを1番に考えてくれた。
 
25年闘い続けた。
決して順風満帆なみちじゃなかった。
向かい風に立ち向かってばかりだった。
 
それでもアイドルの新しい道を切り開いた。
それでもひとつの時代を創り上げた。
 
もういいんじゃないかな。
疲れたよね。お疲れ様。
 
解散したくないというのなら一緒にこれからずっと闘い続ける。
 
でも、あなた達自身の手で解散という道を選んだのなら、私は受け入れるしかない。
 
巷では色々言われるけれど、あなた達はそんなヤワじゃない。
自分達の生きる道は自分達の手で選んできた。
今回のことも自分達の意思だと信じてる。
悲しいけど。寂しいけど。
 
違う。違うんだ。
私がそう信じたいだけなんだ。
だってそう信じなきゃやりきれない。
 
せめて、解散についてあなた達の口から聞きたかった。
だけど、それを望んだら1月のあの悪夢が甦るからこんな終わりでいいのかもしれない。
そんな風に思ってしまうファンはだめですか?
 
本当はもっと一緒に闘い続けたかった。
だって、私はSMAPに救われ続けたんだ。
やっと私が闘える様になったのに。
まだ、恩返しができてないのに。
まだ、ありがとうを伝えきれてない。
まだ、大好きが言い足りない。
まだ、遊び足りない。
 
せめて、終わりにするならこんなぐちゃぐちゃな終わりじゃなくて
みんなが泣きながらでも笑いながら
今までありがと。お疲れ様。
って思わせて欲しい。
 
ファンは無力だって思い知らされる。
 
あなた達自身がえらんだ道なら私にできることは祈ることだけ。
 
どうか
どうか
 
あの5人のこれからの人生が幸せであります様に。
今まで5人が幸せにした人の分だけ幸せになれますように。
 
だけど、許されるのなら
SMAPの再結成を夢みていいですか?
 
あなた達がまたSMAPになりたいって道を選ぶことを夢みていいですか?

解散よりも嫌なことな話

私はただ単に解散するのが嫌なんじゃない。

いや、解散するのは嫌だけど。


そうじゃなくて。

ここまで事務所を、時代をひっぱった5人が綺麗に終われないのがなにより嫌なんだよ。


ねぇ、こんなとこで終わる5人じゃないよ。


せめて、解散するなら綺麗に終わって。